« 巧みな心理描写で描くサスペンス!自分は殺人者なのか?!・・・『ゆがんだ罠』(W・P・マッギヴァーン・作、創元推理文庫) | トップページ

2017.04.20

竜宮城は月にあった?!元ネタが怪作だからリメイクは大怪作?!・・・『月へのミサイル』(アメリカ映画、日本未公開)

 DVDでアメリカ映画『月へのミサイル』を鑑賞しました。1958年製作作品ですが、日本では未公開です。
Missile to the Moon (1958) - IMDb

JP
迷作「月のキャット・ウーマン」のリメイク。 そもそもオリジナルがとんでもない映画として有名なのに、それをわざわざリメイクしたので、内容はもうハチャメチャ。 でも、心が折れそうになっている時や落ち込んでいる時に観れば、(違う意味で)勇気づけられる、そんな一本。(解説より)

 おそらくヘンテコ映画のコンテストをやれば上位に食い込むことが確実な一本です。『月のキャット・ウーマン』は未見ですが、タイトルからしてまともな映画ではないでしょうね。そのリメイクなので当たり前におかしなお話になっています。

ダーク・グリーン博士は政府高官の傲慢な計画により画期的なロケット計画から外される事になる。 これに憤りを感じた博士は偶然、脱獄した二人組を助手にロケットで発射! そこにまたまた助手のスティーブ・レイトンと恋人ジェーン・セクストンも乗り合わせて5人で月へ向かう事に・・・。(解説より)

 国家の威信を賭けて計画していた月ロケットがたまたま逃げ込んできたど素人の脱獄囚の手で操縦できるものなのか?!ダーク・グリーン博士の本当の目的は月の女に会いに行く(当然再会なのです)ことだったのか!?そんな突っ込みをしたくなるのを必死で堪えながら観ます。要はひょんなことから呉越同舟ロケットに乗って月に向かった5人の男女の冒険譚です。果たして彼らが月で見るものは!?と期待させます。まあ、ここまでは百歩譲って許せます。

USA

 月に到着するといい加減な宇宙服を着た一行を岩男が襲ってきます。文字通り岩から抜け出してくるのですが、なかなかユニークです!これはセンス・オブ・ワンダーを感じますす。良い味だしてますが、ものすごく動きが鈍いです、岩ですから。とにかく緊迫感はまるでなし。一行は岩男からいとも簡単に逃れて洞窟に避難すると、そこにはなんと空気がありました。そして月人が現れ一行を指導者リドのもとに案内します。

USA

 以降は延々と洞窟内でのお話になります。とにかくなぜかレオタードに東洋風衣装を身にまとった月の美女軍団が見ものです。竜宮城のイメージそのものです。鯛や平目は出てきませんが、月の美女がちゃんと舞い踊りもしてくれます。その踊りがまた珍妙です。他に呼び方が思い浮かびません。踊りのシーンは確実にはまります。

USA

 美女軍団がSWのランカーのような感じで飼っている巨大蜘蛛も登場します。これは造形が良かったのでせめてもう少し大きく見せるとかしてほしかったです。しかも操演怪獣なのでヒョコヒョコとやってきます。怖くもなんともないじゃないですか。

USA

 日本で発売されているDVDはモノクロ版ですが、アメリカではカラライズされているようです。観たいです、やはり竜宮城はカラーでないといけませんね。しかし、そこまでやってもらえるこの映画、もしかしてアメリカ人からは愛されているのでしょうか?

USA

 監督のリチャード・E・カンナはハワイ出身とのことです。この映画と同じ年に『フランケンシュタインの娘』という、これまたろくでもなさそうな映画を監督しているようです。

注:"JP"と記載された写真はAmazon..co.jp(日本)に、"UK"と記載された写真はAmazon..co.uk(英国)に、"USA"と記載された写真はAmazon.com(米国)にリンクしていますので、ご注意ください。

|

« 巧みな心理描写で描くサスペンス!自分は殺人者なのか?!・・・『ゆがんだ罠』(W・P・マッギヴァーン・作、創元推理文庫) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49025/65341253

この記事へのトラックバック一覧です: 竜宮城は月にあった?!元ネタが怪作だからリメイクは大怪作?!・・・『月へのミサイル』(アメリカ映画、日本未公開):

« 巧みな心理描写で描くサスペンス!自分は殺人者なのか?!・・・『ゆがんだ罠』(W・P・マッギヴァーン・作、創元推理文庫) | トップページ