« 怪物は暑いのに包帯だらけ!熱帯の島の恐怖譚!・・・『残酷の人獣』(フィリピン映画、1966年日本公開) | トップページ | 竜宮城は月にあった?!元ネタが怪作だからリメイクは大怪作?!・・・『月へのミサイル』(アメリカ映画、日本未公開) »

2016.08.31

巧みな心理描写で描くサスペンス!自分は殺人者なのか?!・・・『ゆがんだ罠』(W・P・マッギヴァーン・作、創元推理文庫)

 創元推理文庫の『ゆがんだ罠』(The Crooked Frame)を読了しました。原作者はW・P・マッギヴァーン、訳者は中田耕治さん、初版は1960年です。私が読んだ一冊は73年の8版でした。

Yugandawana

 ウィリアム・P・マッギヴァーン(William Peter McGivern)の作品では社会派サスペンスの『虚栄の女』を先日読みましたが、『ゆがんだ罠』は主人公が容疑者にされて真犯人を探す羽目になる所謂「巻き込まれ」型のサスペンス小説です。原作は1952年に発行されています。

 空想科学小説雑誌の編集長、ウェッブ・ウィルスンは、アパートにもどったとき、自分のシャツにべっとり血がついていることに気がついた。指や手が血まみれになっていた。今夜、何があったのだろう? 恐怖と不安が彼をとらえた。泥酔していたあいだに、自分が誰かを殺したのかも知れない。しかし、何ひとつ記憶になかった……。ウェッブは自分が犯人でないとすれば誰なのか思いまどう。夜、孤独、雨、恐怖、もはや頼るべきものはただひとり、自分しかいなかった。マッギヴァーン、中期の傑作スリラー「ゆがんだ罠」は、読者を奇怪にゆがんだおそるべき罠にみちびく。

 主人公のウェッブは戦争中に誤って上官を背後から射殺した過去があり、その後ろめたさのために常に酒浸りとなっています。泥酔から醒めて血まみれの自分を見ても、自分がいったい誰かを殺したのか、殺していないのか、それさえも思い出せません。

US

 物語の冒頭はウェッブが自分のアパートで血まみれになっていることに気付く場面です。とても絵になるシーンです。その後すぐにウェッブの回想に入り、この小説の半ばまでこの一週間の出来事が事細かに描写されます。

 しかも、その回想の中でもウェッブは酔って戦中の欧州戦線での上官殺しを頻繁に回想するため、ウェッブの二重の回想の中で読者もウェッブと同じ立場で何か起こったのかを考えることになります。

 孤独なウェッブに寄り添うように編集部員のアン・ステファノが登場してきます。彼女のウェッブに対する思いは同情なのか恋情なのかわかりにくいのですが、彼女が戦中に赤十字に志願してウェッブと同じ欧州戦線の戦場にいたことは、明確な表現はないものの、おそらくウェッブを救いたいと思う気持ちの根源なのでしょう。

 マッギヴァーンは登場人物達それぞれの巧みな心理描写で、ミステリー的な表現抜きでも読者をぐいぐい引っ張っていきます。

 詳細は不明なのですが、『ゆがんだ罠』は1973年に当時のNET(現テレビ朝日)系列で放送されていた毎日放送制作の『サスペンスシリーズ』の一本として「それは暗闇にはじまる」のタイトルでドラマ化され、仲代達也がウェッブに当たる役を演じたのだそうです。冒頭のシーンだけでも見てみたいものです。

注:"JP"と記載された写真はAmazon..co.jp(日本)に、"UK"と記載された写真はAmazon..co.uk(英国)に、"USA"と記載された写真はAmazon.com(米国)にリンクしていますので、ご注意ください。

|

« 怪物は暑いのに包帯だらけ!熱帯の島の恐怖譚!・・・『残酷の人獣』(フィリピン映画、1966年日本公開) | トップページ | 竜宮城は月にあった?!元ネタが怪作だからリメイクは大怪作?!・・・『月へのミサイル』(アメリカ映画、日本未公開) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49025/64140074

この記事へのトラックバック一覧です: 巧みな心理描写で描くサスペンス!自分は殺人者なのか?!・・・『ゆがんだ罠』(W・P・マッギヴァーン・作、創元推理文庫):

« 怪物は暑いのに包帯だらけ!熱帯の島の恐怖譚!・・・『残酷の人獣』(フィリピン映画、1966年日本公開) | トップページ | 竜宮城は月にあった?!元ネタが怪作だからリメイクは大怪作?!・・・『月へのミサイル』(アメリカ映画、日本未公開) »