« 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) | トップページ | 香山美子さんの神々しい裸身!淫靡な倒錯の推理劇!・・・『江戸川乱歩の陰獣』(松竹、1977年) »

2016.07.06

香山美子さんの好演!松竹メロドラマの典型!・・・『命果てる日まで』(松竹、1966年劇場公開)

 DVDで松竹の1966年作品『命果てる日まで』を鑑賞しました。松竹大船の典型的メロドラマで、野村芳太郎が監督しています。原作は『野菊の墓』の菊田一夫です。

JP

 ストーリーは簡単に言えば二股男が献身的な恋人を捨てて起こる悲劇なのですが、このモテモテの二股男を山口崇がとても憎たらしく演じています。今ならサイテー!と罵られるレベルです。

 このサイテー男に献身的に尽くして捨てられる薄幸な女を香山美子さんが好演しています。サイテー二股男と半同棲状態なのに藤原鎌足演じるダメ親父の所為で結婚に踏み切れないでいるところを、生田悦子演じる西陣の織物問屋の娘に横からサイテー男を掻っ攫われて、もう本当に死んでしまうしかなくなります。これこそ松竹のメロドラマです。

 女優王国らしく、特別出演で岩下志麻、倍賞千恵子、桑野みゆきが、新人として尾崎奈々が彩りを添えています。

注:"JP"と記載された写真はAmazon..co.jp(日本)に、"UK"と記載された写真はAmazon..co.uk(英国)に、"USA"と記載された写真はAmazon.com(米国)にリンクしていますので、ご注意ください。

|

« 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) | トップページ | 香山美子さんの神々しい裸身!淫靡な倒錯の推理劇!・・・『江戸川乱歩の陰獣』(松竹、1977年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49025/63882881

この記事へのトラックバック一覧です: 香山美子さんの好演!松竹メロドラマの典型!・・・『命果てる日まで』(松竹、1966年劇場公開):

« 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) | トップページ | 香山美子さんの神々しい裸身!淫靡な倒錯の推理劇!・・・『江戸川乱歩の陰獣』(松竹、1977年) »