« 前田通子の日本初全裸映画!?新東宝お得意の復讐サスペンス!・・・『女真珠王の復讐』@神保町シアター | トップページ | 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) »

2016.06.22

ベッドの隣に美女の死体が!?自分を追う破目に陥った新聞記者!・・・『シカゴの事件記者』(創元推理文庫、ジョナサン・ラティマー作)

 創元推理文庫のジョナサン・ラティマー作『シカゴの事件記者』を読みました。ラティマーの小説を読むのは『処刑6日前』に次いで二冊目です。

Chicagonojikenkisha

 単発のサスペンスで拳銃マークにしてはハードボイルド味は薄いのですが、その分謎解き成分が濃いストーリー展開で、どんでん返しまであって最後の最後まで楽しめます。但し、どこまでシリアスなのか、それとも笑っていいのか、サムの弁護士トム・ニコルズが警察に捕まって取られる尋問調書など抱腹絶倒ものです。

泥酔した新聞記者サム・クレイは、ベッドの中で目をさました。それは自分の部屋ではなかったし、隣に眠っているのは全裸の血まみれの美女だった。その時けたたましく鳴りひびく電話のベル・・・・・・。殺人事件の巧妙な罠におちたサムは、皮肉なことにその事件を担当して取材することになった。凶悪犯として捜査の対象になっている自分を救うためにも、一刻も早く真犯人をつかめなければならない。シカゴの大新聞社を舞台に、命がけで奮闘する事件記者の生態をハードボイルド・タッチで描くラティマーの代表作。

 誰の部屋かもわからぬほどに泥酔して日曜朝に目覚めたら、 ベッドの隣に「死体」となった血まみれ美女を発見、さあどうする?!と、発端から考える間も与えられずグイグイ引っ張られるのですが、とにかく登場人物もイベントも多くて覚えきれないほどです。しかも人名表にも載っていない登場人物も多く出てきて、もはやこれって誰?と悩んでしまうほどでした。

 主人公サムの気持ちになれば、いつ自分に嫌疑が向けられて逮捕されるかわからないし、それなのに頼みとする弁護士や探偵は次々と警察のごやっかいになるし、真犯人につながると思われた証人は殺されてしまうし、もうずっと心臓が高鳴って表情も強張って、生きた心地がしなかったのではないかと思います。それでもラティマー描く主人公は『処刑6日前』のウェストランドもそうですが、かなり精神的にタフです。

 原題は"Sinners and Shrouds"(罪びとと屍衣)ですが、私にはどう言った意味なのか皆目わかりません。何かの引用なのでしょうか。アメリカ版のペーパーバック表紙は小説の一場面をそのまま描いています。サム・クレイは死体を置いて逃げ出す時にメイドをブランデーの壜で殴り倒してしまうのです。

USA

注:"JP"と記載された写真はAmazon..co.jp(日本)に、"UK"と記載された写真はAmazon..co.uk(英国)に、"USA"と記載された写真はAmazon.com(米国)にリンクしていますので、ご注意ください。

|

« 前田通子の日本初全裸映画!?新東宝お得意の復讐サスペンス!・・・『女真珠王の復讐』@神保町シアター | トップページ | 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49025/63839490

この記事へのトラックバック一覧です: ベッドの隣に美女の死体が!?自分を追う破目に陥った新聞記者!・・・『シカゴの事件記者』(創元推理文庫、ジョナサン・ラティマー作):

« 前田通子の日本初全裸映画!?新東宝お得意の復讐サスペンス!・・・『女真珠王の復讐』@神保町シアター | トップページ | 51年前に憧れた映画はトンデモだった?!一挙に映画の敷居を低くする珍作!・・・『フランケンシュタインの逆襲』(アメリカ映画、1965年日本劇場公開) »