« 直球、変化球、隠し球!?三者三様の映像化!…『ノーパンツ・ガールズ』(日本映画) | トップページ | タフガイとトニーの競演!裕次郎の啖呵が決まる!…『鉄火場の風』 (日活映画) »

2013.06.09

トニーとジョーのカッコ良さ!赤木圭一郎主演作のベスト!?…『拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』(日活映画)

拳銃無頼帖 抜き射ちの竜JP拳銃無頼帖 抜き射ちの竜 (1960)

【監督】野口博志
【出演】宍戸錠 / 浅丘ルリ子 / 赤木圭一郎 / 香月美奈子 / 草薙幸二郎
with ぴあ映画生活
 第三の男トニーこと赤木圭一郎の人気シリーズ第一作です。トニーの役は麻薬中毒の拳銃使い竜二で、相手に先に抜かせても早射ちで相手を殺さず肩を射ち抜くことができるという通称「抜き射ちの竜」と呼ばれる殺し屋です。

 トニーの相棒として宍戸錠が「コルトの銀」という名で登場していますが、基本的には「エースのジョー」と変わらない洒落者の殺し屋です。

 とにかくトニーとジョーのかっこよさにはシビれます。トニーがルガー、ジョーがコルトを使っての派手な撃ち合いに、ラストでは特撮を使った爆発シーンもあります。

JP

 アクションだけでなく、浅岡ルリ子演じるヒロインと孤児院を訪ねるシーンのトニーの笑顔がとてもいい。実質二年弱しか主役の活動期間がなかった赤木圭一郎の主演作のなかでもベストだと思います。

 西村晃と藤村有弘が中国人の役で出ていますが、藤村の中国語訛りの日本語はさすがに上手いものです。

注:"JP"と記載された写真はAmazon..co.jp(日本)に、"UK"と記載された写真はAmazon..co.uk(英国)に、"USA"と記載された写真はAmazon.com(米国)にリンクしていますので、ご注意ください。

|

« 直球、変化球、隠し球!?三者三様の映像化!…『ノーパンツ・ガールズ』(日本映画) | トップページ | タフガイとトニーの競演!裕次郎の啖呵が決まる!…『鉄火場の風』 (日活映画) »

コメント

拳銃無頼帖の中でも【抜き打ちの竜】はリアルタイム世代のファンではないのでビデオやDVDで何度観たでしょう。
赤木の映画のなかでも何度見てもまた観たくなる作品です。
これで赤木に憂い、影といったイメージがプラスされ後の人気につながったと考えると、日活の作戦にしてやられた感はあるんですが(笑)そんな事はどうでもよくなるくらいここでの赤木は魅力的です。
この線の細さも貴重なら、赤木の全体から滲みでている若者特有の美しさも貴重。
年は若くてもこの美しさが全くない俳優もいますから。
四作目の【明日なき男】もまた違った魅力があり好きな作品で繰り返し観ていますが(線が太くなり男らしさが増し、新人の頃に見せた赤木のふてぶてしい表情を思い起こさせるシーンなどがある)、モリアーチーさまが感想を書かれている【電光石火の男】も設定が気に入って繰り返し(笑)観ています。
回数にすれば【抜き打ちの竜】がダントツですが。
【不適に笑う男】は最後に過去を♪さらりと捨てて♪と歌詞を変更して歌われるように殺された彼女の妹とハッピーエンドになるんですが、これってどうなの?という感じ。
やはりここは【明日なき男】のように一人で去って行かなくちゃいけないでしょう(笑)。
にしても、赤木には見惚れてしまうから厄介です(笑)。
初コメントで長々と、大変失礼致しました。

投稿: 赤木ファン | 2014.01.21 16:09

赤木ファン様
コメントありがとうございました!
確かにトニーにはカッコ良く去ってもらわないとね^^;
これからもよろしくお願いします。

投稿: モリアーチー | 2014.01.21 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49025/57563050

この記事へのトラックバック一覧です: トニーとジョーのカッコ良さ!赤木圭一郎主演作のベスト!?…『拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』(日活映画):

« 直球、変化球、隠し球!?三者三様の映像化!…『ノーパンツ・ガールズ』(日本映画) | トップページ | タフガイとトニーの競演!裕次郎の啖呵が決まる!…『鉄火場の風』 (日活映画) »