カテゴリー「1.【乗り物撮影】」の記事

2015.11.21

三重ローカル私鉄の旅!小春日和の長閑な日!…三岐鉄道北勢線

 今日はローカル私鉄の旅を敢行。ここは三岐鉄道北勢線西桑名駅です。単線電化の東西に延びる路線で、西桑名駅は東端のターミナル駅。西桑名があっても、なぜか東桑名はありません。JR東海と近鉄名古屋線の桑名駅から歩いて100mのところにあります。この路線は2003年4月1日に三岐鉄道に譲渡されるまでは近鉄の路線でした。

 三岐鉄道北勢線の駅は全部で13あります。結構難読駅があります。終点の〝阿下喜〟は「あげき」です。真ん中あたりの〝穴太〟は「あなふと」ではなく「あのう」です。三岐鉄道なのに三重県内しか走ってません。

 北勢線の車内では、何故か年金相談会が絶賛開催中でした。

 三岐鉄道北勢線難読駅の一つ「穴太」で下車しました。のどかです。歩いてみると火の見櫓がありました。なかなか都会ではお目に掛かれません。あの半鐘を一度でいいから鳴らしてみたい。でも、高所恐怖症なのでダメです^_^;

 散策中に民家の軒下に干し柿を発見。柿が赤くなると医者が青くなるそうですが、本当でしょうか。  

 散策を終えて三岐鉄道北勢線穴太駅に戻ると、東員行きの列車が発車しました。あれが戻ってくるのかな?この塗色は三岐鉄道のもう一つの路線である三岐線と同じ塗色です。

7ogmv

 三岐鉄道北勢線の車両はロングシートばかりかと思っていたら、何と一人掛けのクロスシートがありました。固定式なので進行方向と逆向きになることもあります。

 また西桑名駅に戻ってきました。小春日和の午後、気持ちが良いです。

 西桑名駅から歩いて桑名駅へ。近鉄桑名駅の中川方面ホームは柵で仕切られており、上部が見えている車両は養老鉄道のものです。昔は近鉄養老線でしたが2007年に分離して近鉄の完全子会社になりました。 車両の色は旧近鉄色です。

 近鉄桑名駅のホームでパンの自動販売機発見。なぜかメロンパンだけが〝ミステリープライス〟になってます。他はみんな110円だけど。もちろん買いましたが、90円でした^_^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.28

防災に特化した訓練展示!アパッチも飛来!・・・『立川防災航空祭2014』@立川駐屯地

 今日は陸上自衛隊の立川駐屯地で立川防災航空祭が開催されました。陸自、消防、警察の航空展示がありました。地上展示機は海自、空自もありましたが、米軍機が一切なかったのはテロ対策でそれどころではないからでしょうか。

Bxexd

 地上展示は少なく閑散としていた。AH-64が飛ぶ予定なのに停まっていないので?と思ったら途中で飛んで来ました。ちなみに、要人輸送用のシュペルピューマが展示されていました。

Y2p6m

 立川防災航空祭は自衛隊行事とは言え、防災に特化していますので模擬戦闘訓練はなくて、防災関係の展示のみです。BMベースの防災二輪車もありました。

Mas8e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.03

普通科の精鋭による市街地戦闘訓練展示!二年ぶりの記念行事に沸く!…自衛隊イベント『板妻駐屯地創立50周年記念行事』

 今日は陸上自衛隊板妻駐屯地創立50周年記念行事を観てきました。

 板妻駐屯地は御殿場市に三カ所ある陸自駐屯地の一つで、第34普通科連隊を中心とした言わば「歩兵」の駐屯地です。駐屯地司令は第34普通科連隊長が兼務しています。

Dsc07425_600

 板妻は普通科がメインですから、同じ御殿場市所在の駐屯地でも89式装甲戦闘車等で機械化された普通科教導連隊や航空科さえも所在する滝ヶ原駐屯地、74式、90式、そして最新式の10式戦車までもズラッと揃えた第1戦車大隊の所在する駒門駐屯地と比較するとどうしても面白みに欠けてしまいます。でも、逆に普通科ならではの市街地訓練展示が観られる可能性があって、今日も期待大です。

 板妻駐屯地のメイン部隊である第34普通科連隊は、自動車化された普通科の部隊で、7中隊で構成されます。その内一つは重迫撃砲中隊です。普通科の色である真っ赤なスカーフを付けた隊員が整列します。

Dsc07427_600

 唯一赤以外のスカーフを付けた部隊がいました。第1後方支援連隊第2整備大隊第4普通科直接支援隊です。第4普通科直接支援隊は武器科、需品科、輸送科、衛生科等の総合部隊で、第34普通科連隊が戦うために必要な兵站や機材の整備を担当し、物的戦闘力の維持向上を任務とする、言わば縁の下の力持ち的な存在です。職種混合の部隊なのでスカーフは自分の職種色ではなく藍色のものを付けています。

Dsc07428_600

 記念式典は基地司令訓示、来賓挨拶も終わって、観閲行進に移ります。普通科の徒歩行進時には富士学校音楽隊が演奏する伝統の『陸軍分列行進曲』がピッタリです。他の駐屯地では『大空』が演奏されることが多く、この曲を聞くことは稀です。

Dsc07439_600

 第34普通科連隊本部管理中隊の82式指揮通信車が先頭です。第34普通科連隊は首都圏の防衛・災害派遣を任務とする陸上自衛隊第1師団隷下の普通科連隊です。第1師団内の34番目の連隊という意味ではなく(だいたい第1師団には三つの連隊しかありません。練馬の第1普通科連隊、大宮の第32普通科連隊とここ板妻の第34普通科連隊です)、旧帝国陸軍時代に静岡に駐屯していた歩兵第34連隊と同じ連隊番号を使っています。

Dsc07445_600

Dsc07463_600

 スカーフを付けていない部隊が行進します。東部方面混成団第3陸曹教育隊です。第3陸曹教育隊(3曹教)は東部方面隊の初級陸曹の教育部隊です。陸曹とは陸上自衛隊独自の呼び方で、軍隊で言えば「下士官」に当ります。陸曹になると自衛隊の「正社員」扱いで定年まで勤めることができます。

Dsc07475_600

Dsc07477_600

Dsc07481_600

 車列行進に移ります。音楽隊の曲は陸上自衛隊中央音楽隊初代隊長である須摩洋朔さん作曲の「祝典ギャロップ」に変ります。第34普通科連隊の軽装甲機動車が先頭です。

Dsc07486_600

Dsc07496_600

 120mm重迫撃砲を牽引する高機動車です。

Dsc07501_600

Dsc07500_600


 第3陸曹教育隊の87式対戦車誘導弾、通称「中MAT」を搭載した1/2tトラックです。

Dsc07507_600

 第3陸曹教育隊の79式対舟艇対戦車誘導弾、通称「重MAT」を搭載した1/2tトラックです。なぜ陸自の武器で対舟艇?そう、ここで舟艇とはビーチングしてくる上陸用舟艇のことなんですね。

Dsc07508_600 

 第3陸曹教育隊の中距離多目的誘導弾です。川崎重工製の最新の対戦車誘導弾で、87式対戦車誘導弾(中MAT)の後継として、11年度から部隊配備され始めました。高機動車に載せたまま運用できる優れモノです。板妻では今年初お目見えで目玉展示です。

Dsc07509_600

Dsc07510_600

 第3陸曹教育隊の81mm迫撃砲L16を搭載した1/2tトラックです。

Dsc07511_600

 機甲科(戦車兵)や特科(砲兵)あるいは施設科(工兵)の部隊がいる駐屯地では、大型の特殊車両が大量に行進するところを観られるのですが、板妻駐屯地で観られる大型車両は第4普通科直接支援隊の車両だけです。3 1/2tトラックベースの各種修理車と7tトラックベースの重レッカです。

Dsc07514_600

Dsc07515_600

Dsc07516_600

 観閲行進で記念式典は一旦終わりです。その後はアトラクションに移ります。最初に富士学校音楽隊の演奏です。

Dsc07518_600

 続いて高等工科学校生徒によるドリル。小銃を投げ上げてクルクルと回します。なかなかアクロバティックでカッコいい演技です。

Dsc07540_600

Dsc07546_600

Dsc07549_600

 最後にいよいよお目当ての訓練展示です。今日は前半に市街地戦闘訓練展示、後半に野戦のシナリオ構成との放送が入りました。


 市街地戦闘訓練は他の駐屯地ではなかなかお目にかかれません。板妻は2005年に展示されて以降はずっとありませんでした(2006年も市街地戦闘だったのですが、荒天のため戦闘訓練展示自体が中止となりました)が、2010年に復活しました。昨年は大震災のため記念行事自体が中止となったので、今年はどのような状況か楽しみです。


 訓練展示開始直前に今日は予定していたヘリが飛来しないとの放送がありました。これはちょっとがっかりでしたが、気を取り直して訓練展示を観ていました。


 まずは建物を模したスケルトンハウスに立てこもったゲリラを掃討する戦闘訓練展示です。

Dsc07589_600

 カワサキKLX250オートバイによる偵察が開始されました。

Dsc07565_600

Dsc07569_600

 敵から攻撃を受け、オートバイを降りて反撃しています。

Dsc07578_600

Dsc07585_600

 ゲリラ制圧のための部隊がスケルトンハウスに突入します。なお、青い小銃は日本では採用していない米国のM16ライフルの模式銃ですが、なぜこれが使われたのかは不明です。  

Dsc07595_600

Dsc07607_600

Dsc07614_600

Dsc07615_600

Dsc07616_600

 捕獲したゲリラが暴れて襲って来ました。徒手で反撃して制圧します。

Dsc07619_600

 ゲリラを制圧して、次に敵陣地への攻撃です。地雷原の向こうから敵軍が攻撃してきます。駒門駐屯地の第1戦車大隊に所属する96式装輪装甲車B型が敵軍に扮しています。

Dsc07639_600

 敵軍の火力に押されています。友軍の支援を頼みます。

Dsc07649_600

 味方の82式指揮通信車CCVと軽装甲機動車が進出して反撃します。

Dsc07652_600

Dsc07660_600

 第34普通科連隊の重迫撃砲中隊が進出して120mm迫撃砲 RTを設置します。

Dsc07667_600

Dsc07675_600

 敵の攻撃は激しく、いったん退却する途中で負傷者が出た模様です。

Dsc07687_600

Dsc07706_600

 近くの(と言っても山梨県なので富士山の向こう側の)北富士駐屯地に所在する第1特科隊の野戦砲155mmりゅう弾砲 FH-70が進出してきました。あっという間に展張されたFH-70は射撃準備に入りました。ちなみに第1特科隊は礼砲担当の部隊でもあります。

Dsc07685_600

Dsc07716_600

 FH-70の空砲射撃です。実際に撃った場合、ここ板妻からだと小田原あたりまで届くとの放送が入りました。

Dsc07759_600

 駒門駐屯地所在の第1師団第1戦車大隊の74式戦車が空砲射撃しながら進出してきました。

Dsc07770_600

 圧倒的な火力の援護を受けた第34普通科連隊は敵陣地に進出します。状況終了、大勝利です。

Dsc07786_600

 訓練展示が終わり、グラウンドは車両展示の準備に入りました。その間に模擬店で昼食を買って食べました。

 さて、車両展示ですが、やはり中距離多目的誘導弾が人気です。

【特性】中距離多目的誘導弾は、87式対戦車誘導弾及び79式対舟艇対戦車誘導弾の後継として、普通科部隊の対戦車中隊(小隊)に装備し、多種目標に対し射撃するための誘導武器 【誘導方式】赤外線画像誘導方式及びレーザセミアクティブホーミング方式 【器材重量】発射装置:約2700kg 地上布置発射機:約60kg 【誘導弾諸元】全長:約1.4m 全幅:約33cm(翼全幅) 【発射方式】車載射撃(発射装置) 地上布置射撃(地上布置発射機)(解説板より)

Dsc07803_600

Dsc07806_600

Dsc07810_600

Dsc07811_600

Dsc07801_600

Dsc07836_600

 戦闘訓練展示で敵役として活躍していた96式装輪装甲車B型(12.7mm重機関銃M2を装備)です。駒門駐屯地の第1戦車大隊所属です。

Dsc07815_600

Dsc07816_600

Dsc07818_600

Dsc07822_600

Dsc07824_600

 その他、74式戦車、FH-70等も展示されていました。別会場では小火器の展示もあり、楽しめる一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.27

懐かしいSHIRASEに乗船!船橋港の岸壁に陸海空自衛隊が集結!但しヘリは来ません(笑)…自衛隊イベント『マリンフェスタ2012 in FUNABASHI』

 船橋港で開催された自衛隊イベント『マリンフェスタ2012 in FUNABASHI』に行ってきました。千葉地本主催の広報イベントで、京葉線の新習志野駅からマイクロバスで現地までシャトル輸送してもらえます。フェスタ会場は船橋港高瀬ふ頭ですが、隣接するサッポロビール千葉工場にシャトルバスは到着し、サッポロビールの敷地内から高瀬ふ頭に入ります。

 目の前にはウェザーニュース社の「SHIRASE」が係留されていました。元々は海自の砕氷艦「しらせ」でした。海自時代にも中を見学したことがあるので懐かしいです。今はウェザーニュース社の情報発信基地として船橋港で余生を過ごしています。

Dsc07095_600

 まずは三自衛隊の展示を観ます。海自は第11護衛隊の護衛艦DD129「やまゆき」が横須賀から来ています。この船も馴染みが深く、昨年も横須賀で中を見学しました。昨日も今日も体験航海があり、千葉県の皆さんが乗船して東京湾をクルーズすることになっています。

Dsc07104_600

 見学は上甲板のみでした。

Dsc07122_600

Dsc07119_600

Dsc07139_600

Dsc07140_600

 岸壁では空自習志野分屯基地の第1高射隊がペトリオットの展示をしていました。

Dsc07152_600

Dsc07153_600

 陸自の展示は習志野の第1空挺団から軽装甲機動車と偵察バイクが来ています。

 テントの中で物販をしていましたが、自衛隊コスプレのコーナーがあって、地本の人が陸自の国際協力活動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.20

三年ぶりの開催でイーグルもファントムも堪能!航空祭シーズン幕開けはやっぱり静浜!…自衛隊イベント『航空自衛隊 静浜基地 航空祭 2012』

 航空自衛隊静浜基地の航空祭にジュニアと一緒に行ってきました。静浜航空祭は昨年は東日本大震災の影響で残念ながら中止となり、一昨年もハンガー工事のために未開催でしたので、今回は三年ぶりの開催となります。

 藤枝駅からのバスは増発されており、スムースな運行で午前9時前には静浜基地に着いたのですが、天候はあいにくの曇り空です。前回開催時(2009)もジュニアと一緒に来たのですが、今日よりももっと暗い空だったことを思い出しました。

 静浜の場合、ランウェイが09-27で東西に延びており、メイン会場側は北側なので晴れると終日逆光となります。そのため、曇天はとりあえずはウェルカムです。メイン会場は地上展示もあるハンガー前のエリアなのですが、我々はそこまで行かずにタワー手前の芝生のレジャーエリアで撮ることにしました。

 飛行展示のプログラムは、午前中にT-7(静浜)、F-15(小松)、RF-4(百里)、C-130(小牧)、UH-60J(浜松)、T-4(浜松)、T-7(静浜)と途切れなく続きます。お昼休みをはさんで午後からはF-2(岐阜)、T-7(静浜)と飛行展示が続き、14時までには終わることになっています。静浜はランウェイが1500mと短く、限られた機体しか離着陸できません。そのため、飛行展示は多くが他の基地からのリモートです。地上展示も戦闘機系は降りられないので展示できません。

 いよいよ飛行展示の開始です。オープニングフライトは静浜基地所属のT-7初等練習機です。きれいな編隊を組んで通過します。

Dsc06189_600

Dsc06199_600

Dsc06203_600

 次はF-15戦闘機です。小松基地第6航空団所属303飛行隊(コールサインは「ドラゴン」)のイーグル2機(機体は52-8848と62-8864)による飛行です。アフターバーナー全開で元気に飛び回っています。

Dsc03660_600

Dsc06419_600

Dsc06305_600

 場内放送でイーグルドライバーのTACネームを呼んでいましたが、一人は加賀藩にちなんだのか「KAGA」とのことでした。もうお一人のTACネームは覚えていません、ごめんなさい。

Dsc03746_600

Dsc03778_600

Dsc03564_600

 次にRF-4偵察機が2機飛来しました。百里基地の航空総隊直轄第501飛行隊所属のRF-4EJとRF-4Eという二種類のファントムⅡ各1機による展示飛行です(機体はRF-4EJが77-6392、RF-4Eが57-6912)。

 違いがわかりにくいのですが、RF-4EJは戦闘機であるF-4EJからの改良タイプで、機首にはM61A1機関砲がそのまま残っています。偵察用のカメラはポッド内に仕込みます。

Dsc03874_600

Dsc03846_600

Dsc03885_600

 一方RF-4Eは元々偵察機として作られたもので、最初から機首にはカメラが組み込まれています。

Dsc03837_600

Dsc03819_600

 続いて名古屋の小牧基地から輸送機C-130ハークが2機やって来ました。イラク派遣のブルー塗装とは違って、暗めの迷彩塗装に戻っています。おとなしい飛行だったので、少々もの足りませんでした。

Dsc03899_600

Dsc03974_600

Dsc03998_600

 なんと言っても今日のMVPは浜松救難隊のUH-60Jでした。救難展示だけではなく、マヌーバ飛行を見せて会場を沸かせていました。

Dsc04083_600

Dsc06816_600

Dsc04114_600

Dsc04202_600

Dsc06625_600

Dsc04107_600

Dsc06848_600

 今日はお天気がはっきりしなかったのですが、ヘリを観ている間に薄日が差してきてお日様に傘がかかっていました。T-4とT-7が飛行する間に売店へ行って早いお昼ご飯を食べていました。

 ハンガー前に移動すると、メイン会場はとてもマッタリしていました。

 地上展示は、陸自からはAH-1コブラと高機動車、海自のSH-60J、空自のC-1、CH-47チヌーク、U-125A、T-400、それに静浜の歴代の練習機などです。

 プログラムには載っていませんが、毎年恒例の静岡県警ヘリの飛行展示が今年もありました。浜松のUHに刺激を受けたのか、かなり力の入った飛行を観ることができました。

Dsc04228_600

Dsc06905_600

Dsc04235_600

 お昼休みにはハンガー前でスクーターのT-7jrによるコミカルアクロバットショーも開催され、大きな拍手喝采を浴びていました。

Dsc06910_600

Dsc06913_600

 午後からの飛行展示に備え、また芝生のレジャーエリアへ戻ってくると、ちょうどT-7が離陸するところでした。

Dsc06921_600

Dsc06925_600

Dsc06933_600

Dsc04269_600

Dsc04272_600

 岐阜基地のF-2が飛来しました。正確には飛行開発実験団所属の試作機・飛行試験機XF-2Aで単座機です。ちょっと高く飛ばれたので、撮影はあまりうまくいきませんでした。

Dsc04363_600

Dsc04402_600

Dsc04340_600

 いよいよ本日の最後の飛行展示です。静浜基地所属のT-7練習機の編隊飛行が始まりました。第11飛行教育団の「11」をかたどって正面から進入してきます。

Dsc07083_600

Dsc04414_600

 そろそろ航空祭もお終いモードです。混む前にシャトルバスに向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.13

二年ぶりの開催!東京消防庁の消防艇と消防ヘリのコラボを堪能!…消防イベント『平成24年水の消防ページェント』

 今日は晴海埠頭で東京みなと祭のイベント『水の消防ページェント』が開催されました。去年は中止になったので二年ぶりの開催になります。水の消防ページェントは午前10時半開始ですが、人気があるので朝早くから晴海客船ターミナルの2階・3階に陣取って待つマニアの方も多いです。

 午後からは東京消防庁が誇る大型消防艇「みやこどり」の一般公開が岸壁で行われました。艇内が見学できます。こちらも多くの人が並びました。

 消防艇「みやこどり」の放水塔は何というか雄々しいですね(^^; 今日は久しぶりに潮風の匂いを嗅ぎました。もう少しで来る夏が待ち遠しいです。

 晴海の帰りに四丁目で下りてシネパトス覗いたら、今日はピンク映画大賞の日でした。どこかで見た女性が外でタバコ吸っていた。実は今朝、東京駅から晴海行きのバスに乗ったら、ものすごくスタイルが良くて美人で背も高い女性が二人カート引いて乗って来ました。?と思ったら銀座で下りました。あの人だ、女優さんだったんだと気付いたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

WINGSの再現か!飛行展示ありの基地開放!…米軍イベント『米海軍厚木航空施設 日米親善春祭り』

 今日は米海軍の厚木基地がオープンするので、朝から行ってきました。

 グラウラーは初展示です。

 人も増えて来ました。その昔、2000年迄開催されてた厚木基地の航空祭"WINGS"(ウイングス)を思い出します。


 米海軍厚木航空施設のスプリングフェスタなう。ホットドックとドリトスとチートス食べて、ウェルチ飲んでマッタリしてる。コーラもオンス表示で微妙に違うな。

 マリンコのバートルがデモし終わってだいたいのイベントが終わり、帰投することにしました。グラウンド近くに展示していたハンビーも人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

快晴の富士山麓!10式戦車が初の模擬戦参加!…自衛隊イベント『陸上自衛隊駒門駐屯地創立52周年記念行事』

Img_1886_500 朝から快晴です。今日は平成24年度最初の陸自イベントである駒門駐屯地の記念行事が開催されます。最寄駅のJR御殿場線富士岡駅からは富士山がきれいに見えています。ここからシャトルバスで駐屯地まで送迎があるので便利です。シャトルバスのコースは複数あるようで富士岡駅以外にも裾野駅等からも乗れるようです。富士岡駅から駒門駐屯地まではシャトルバスで10分ほどでした。駒門駐屯地には初めて来ました。駐屯地に入ってバスを降り、プログラムをもらいました。晴天時のプログラムで今日は以下のような流れになっています。

10:00~ 記念式典(観閲式)
11:00~ 音楽演奏
11:25~ 模擬戦展示
-10式戦車特別展示(模擬戦終了後)-
12:10~ 祝賀会食(招待者)
09:00~14:00 装備品展示
         ちびっ子広場
          作品展
          模擬売店
10:40~14:00 戦車体験搭乗

Img_1887_500 今日のメインイベントはやはり観閲式と模擬戦です。開催場所の駐屯地南側のグラウンドまでの間には模擬店も多く出ていました。国際活動教育隊のフランクフルトマンはかなりインパクトのある姿です。思わず『恋の罪』を思い出してしまいました。

 グラウンドにはパイプ椅子が並べられて招待者席のみが作られていました。我々一般は北側にある道に立って式典を観ることになりますが、既に最前列はほとんど埋まっており、かろうじて大きな桜の植木に邪魔される場所を確保しました。グラウンドとは段差がなく、前方には招待者席があってしかも南側を向いて観るため、完全に逆光です。悪環境だらけで写真撮影はまったく期待できそうにありません。道を隔てたところが少し高台になっているので、そちらに陣取って三脚を立てているマニアの方も多くいましたが、500mm以上は必要でしょう。次回はもっと早めに行って場所の確保が必要です。

Img_1893_500 この駐屯地には様々な職種の部隊が所在していますが、やはり陸自の国際平和協力活動に関する教育部隊である中央即応集団の国際活動教育隊が本部を構えることが大きな特長でしょう。PKOに派遣される隊員達はここで教育を受けます。しかし、乗り物マニアの観点からは何と言っても機甲科隊員の新隊員教育、陸曹候補生等の教育を任務とする第1機甲教育隊に注目したいものです。この隊はいち早く最新の10式戦車を装備して、「機甲科」つまり戦車兵の(卵の)養成を担っています。その他の主な駒門駐屯地所在部隊は、第1戦車大隊、第1高射特科大隊、第1後方支援連隊第2整備大隊の戦車直接支援隊と高射直接支援隊等です。

Dsc04380_600 記念式典は部隊入場整列、国旗掲揚、執行官で駒門駐屯地司令を兼ねる国際教育隊隊長登壇、執行官による部隊観閲、来賓祝辞(地元選出の細野豪志環境大臣兼内閣府特命担当大臣(原子力行政)も挨拶した)と続き、最後は部隊観閲行進となります。何しろ機甲科、高射特科の大隊が所在する駐屯地ですから、部隊観閲は戦車や高射砲等大きな車両のオンパレードです。

Dsc04393_600

Dsc04396_600

Dsc04416_600

Dsc04440_600

Dsc04448_600

Dsc04455_600

Dsc04457_600

Dsc04464_600

Dsc04487_600

Dsc04496_600

Dsc04500_600

 観閲行進が終わると、音楽隊の演奏(その間に模擬戦の準備)、そして市街地戦闘訓練展示としてビルの屋上からの懸垂下降でした。

Dsc04409_600

Dsc04508_600

Dsc04510_600

 いよいよ待望の模擬戦です。まずは右手(西側)に陣取った敵に対して味方が空陸から偵察し、野砲特科が攻撃を仕掛けて、普通科(歩兵)が進出し、最後は戦車を含めた総攻撃で敵を撃滅して戦果を上げるまでを見せてくれます。しかし、この場所の写真の撮りづらいこと、困りましたが仕方がありません。この模擬戦には平成23年度配備開始の最新10式戦車も、前世代の戦車と並んで初の模擬戦参加を果たしました。

Dsc04518_600

Dsc04531_600

Dsc04539_600

Dsc04555_600

Dsc04560_600

Dsc04563_600

Dsc04570_600

Dsc04584_600

Dsc04601_600

Dsc04610_600

Dsc04617_600

 模擬戦が終了すると、戦車を残して車両は退場しました。戦車は特別展示のために一列に並んで残ります。10式、90式、74式改、74式と3世代4両の現役戦車が勢揃いです。10式は三菱重工製で平成23年度には13両が陸自に納入されました。徐々に74式に置き変わっていくものと思われます。主に北海道に配備されて北の守りとなっている90式と並ぶと小さく見えますが、幅も長さも74式よりは少しだけ大きく、重量は約44 tと90式と74式の丁度中間です。74式並みの大きさで90式並みの防御力と火力を持つ新型戦車と言えそうです。3世代4両の戦車は快晴の下、30分おきに起動してパフォーマンスを見せてくれました。

Dsc04659_600

Dsc04701_600

Dsc04727_600

Dsc04748_600

Dsc04765_600

Dsc04773_600

Dsc04786_600

Dsc04808_600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

一斉放水は海へ向かって!人気スポットで開催される観光地港ヨコハマの出初式!…『横浜消防出初式』@赤レンガ倉庫

 横浜の赤レンガ倉庫に来ました。今日は横浜市消防局の出初式です。快晴ですが、風がちょっと強いです。会場スペースが狭いので、地上の訓練展示が見える場所にはもう近づけない混みようになってます。またしても、ヘリ狙いで大桟橋寄りに立って待機中です。

 ピア赤レンガに横浜市港湾局の「ひばり」が停泊中です。大桟橋の埠頭には消防車が多く駐車しているのが見えますが、各地区消防団のポンプ車でしょうか?

 横浜の赤レンガ倉庫の横浜市消防局出初式。第一部が終了し、引き続き第二部に突入しています。今チアリーダーの演技中。横浜のユルキャラ達も出てきました。午後もずっとイベントがあります。

 横浜市消防局出初式の第二部はハードな訓練展示とアトラクションが交互に開催されました。水難救助訓練は消防・警察・海保の三機関連携で実施され、つまりは市・県・国の連携ですね。ちなみに横浜市では"R"はレスキュー(Rescue)の略ではなくてレンジャー(Ranger)の略なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.06

東日本大震災後初の出初式!新年恒例の消防ビッグイベント!…『平成二十四年東京消防出初式』@東京ビッグサイト

 今日は東京都の出初式(平成二十四年東京消防出初式)です。東京ビッグサイトの裏側は曇ってますが、そんなに寒くはありません。

 東京消防出初式には最近毎年来ていますが、一般席も早朝から埋まってしまいます。平日とは言っても小中学校の冬休み期間中なので、子ども達の姿も多く見かけます。消防イベントはどこでも人気が高いのですが、今年は昨年の東日本大震災により防災への関心が高まっていると思われます。

 いよいよ平成二十四年東京消防出初式がはじまりました。東京都の消防は東京消防庁という大きな組織がありまして、特別区だけではなく稲城市を除いた都下全域で広域活動しています。そのため、東京都の各市町村区には稲城市を除き消防組織はありません。東京都の警察組織は警視庁でそのトップは警視総監ですが、東京消防庁のトップは消防総監です。

 少し日が出てきました。現在、小隊操練中。

 パレードが終わって、江戸消防記念会の皆さんの梯子乗りです。一人梯子から落下しましたが無事だったでしょうか。

 平成二十四年東京消防出初式のフィナーレは恒例のはしご車演技です。天気も回復しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧